大いなる五竜

山行概要
メンバー:1名 (1991年は4名)
天  候:晴れ (1991年は曇りのち吹雪)

地図/コース   五竜山荘泊 遠見尾根往復

 

写  真

1991年正月 神秘の五竜

2021年9月 素顔の五竜

 

 

 

 

 

1991年正月 白岳付近

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021年 白岳付近

記  録

雪のない五竜に登りたい。素顔の五竜を見たい。そう思いながら30年の月日が流れた。1991年の冬山は荒れた。北アの各地で遭難が続出した。しかし登頂直前の一瞬、五竜はその神秘のベールを脱いだ。冬の後立は美しい。その美しさは格別だ。厳しい山行だったからか、そのときのメンバーは、その後懇意の仲となって今に続いている。2021年9月、長年の望みがかなった。長い遠見尾根を歩くと、ここが天場だ、こ

1991.1.3五竜頂上

2021.9.15 30年ぶり

こでは耐風姿勢で耐えた。いろいろなことが思い出される。懐かしい顔が浮かぶ。視界不良の中、雪庇を踏み抜けば奈落の底だった。30年前のルートをたどって、長年の懸案、晴れた五竜の全容を見ることができた。できれば、当時のメンバーと登りたかった。