山行概要

・メンバー:2人
・天候:はれ~くもり

ヤマレコにもアップしています

アクセス

鶴岡市に行く方法をもっと検索すればよかったかもしれないが、ローカル線で海を見ながら、もいい。

地図/コース

写真/感想

泡滝ダム登山口。

きれいな滝を左手に見て。

コップがおいてある水場がたくさんあります。

今晩お世話になる大鳥小屋です。

きれいな朝焼け5:20出発。ガンバ。台風接近中だから、大朝日小屋まで稼ぎたい。

小屋番さんお薦めのオツボ峰ルート。直登ルートには毎日熊の親子が現れるとのこと。でも笛を吹きながら行くよう指示あり。

大鳥池が見えました。

一番奥の三角の山が大朝日岳だと思う。今日中に行けるだろうか。少々不安。

ドデカい山容。静か。誰もいない。

狐穴小屋。小屋の前にはおいしい水あり。小屋番さんがいない。

途中で長靴をはいた登山者に会い、狐穴小屋の小屋番さんはいないのですね?と聞いたら、「俺じゃ。」(#^^#)

三角の山、なかなか近くならない。でも黙々歩く。いつものこと。

秋の花「りんどう」があちこちに咲いている。夏の花の残りもいくつかあり、夏のお花畑を連想させる。夏も来たいです。

大朝日岳の前に小屋が見えます。その前に金玉水で水を汲んでいくこと。

ザックをデポして、山頂へ。ガスってしまった。

大朝日岳は、以東岳の方から見ると三角だけど、小朝日岳方面から見るとそうでもない。

鳥原山にむけてまだまだ道は続いています。

最後の吊橋。これを渡れば朝日鉱泉。お疲れさま。

 

感想

朝日連峰縦走、大きくて、静かで、人の温かみを感じさせる山でした。
アクセスが良くなくてなかなか来れない位置にありますが、初夏の花の時期、紅葉時期にも来てみたいと思いました。