山行概要

・場所:早川尾根(アサヨ峰、栗沢山)
・メンバー:3人
・天候:13日/くもり 14日/あめ

ヤマレコにもアップしています

アクセス

夜叉神峠登山口の駐車スペースを利用し、そこから山梨交通バスで広河原へ入り、北沢峠行バスに乗り換え(帰りは広河原からバス)
3連休ということもあり13日の始発バスはなんと13台!

地図/コース

GPS電源を入れたままにしていたため、2日目のログが電池切れで採取できませんでした。
(2日目は 早川尾根小屋8:45発→10:47広河原峠入口→11:10広河原)

写真/感想

仙水小屋までは渓流沿いの気持ち良い道

地蔵岳のオベリスクも見えた

栗沢山に向けてゴーロ地帯の急登を登ります

甲斐駒ヶ岳と摩利支天

栗沢山頂標識と甲斐駒ヶ岳

栗沢山方面を振り返る

本日の最高峰、アサヨ峰に到着

アサヨ峰から先も早川尾根が続きます

早川尾根小屋に到着

広河原手前の大樺沢とガスで全然見えない北岳

感想

今年は残念ながら初日のみ天気が持ってくれたけど、2日目はもう下山を選択するしかない感じのしっかりした降雨、当初は2日目に南御室小屋でテント泊して3日目に車を停めた夜叉神峠登山口まで縦走する予定でしたが、早川尾根の途中(広河原峠)での途中撤退(下山)となってしまいました。

今回歩いてみて、栗沢山からアサヨ峰、ミヨシノ頭を過ぎるあたりまでの稜線ルートは、クリアな眺望があれば右に南アルプスの雄峰、左に八ヶ岳、ゆく手に鳳凰三山と遠くに富士山、そして振り返れば甲斐駒ヶ岳と遠くに北アルプスや中央アルプスを望める素晴らしい稜線コースじゃないかと感じました。稜線ルートは巻き道もなく愚直に稜線をアップダウン、岩稜帯が多いので、三点支持で登るところもある変化に富んだ、そして意外とタフなルートでした。