山行概要

・場所:屋久島
・メンバー:3人
・天候:はれ~あめ~あめ

ヤマレコにもアップしています

アクセス

羽田空港ー鹿児島空港ー高速船ー屋久島宮之浦港
(安房港は動いてません)
5/30宮之浦から白谷雲水峡までタクシー
6/1白谷雲水峡からバス

地図/コース

コース状況等

白谷雲水峡から宮ノ浦岳まで危険箇所なし。倒木や崩落もなし。縄文杉周囲は展望デッキが増設されてました。
白谷雲水峡は雨が降ると増水するので、注意が必要。
荒川登山口は入れません。
淀川登山口は5/31より入れますが、天候によってはバスが入らないこともあるので、最新の情報を確認しましょう。

写真/感想

水も綺麗だ。出発~

真っ直ぐ行く太鼓岩。ここの右奥に白谷小屋あります

杉のスケールが写真では伝わらない

森の奥深くへ入っていきます

よくあるこれね

は~いって言ってそうなこの杉。気に入ってます

キタ━(゜∀゜)━!縄文杉!展望デッキから遠く眺めたけど、やっぱり凄いわ

新高塚小屋到着。荷物をデポして宮ノ浦岳へ

登る

着きました!宮ノ浦岳(*’ω’ノノ゛☆パチパチ

ヤクシカさん。目があってもムシャムシャ食べてました

昨日より水が多い。雨の中、白谷から入ってくるガイドさん達が情報をくれたので安心して歩けました!ありがとうございました!

雨が降ると生き生きして見えます

もう少しでゴール。お疲れ様でした。13時のバスが丁度きたので乗れました。

感想

淀川登山口から入る予定でしたが、動いてなかったので白谷雲水峡から入り宮ノ浦岳ピストンの山行としました。
いつかは屋久島へと思っていたので、山のベテラン先輩2名と御一緒できたのは心強かったです。皆歩ける歩ける。ほんと凄いなと思いました。
白谷から宮ノ浦岳まで行く方は少なく、縄文杉までピストンされるガイドツアーの方たちが多かったです。2日目は行動時間が長かったのですが、山頂は一人占め、登山道の渋滞もなく深い森を静かに歩くことができました。
雨の中歩いてみて、ウェアリングや休憩の取り方は気を付けなければならないなと思いました。これからの課題ですね
山も登れたし、観光もできたし、開放的な温泉にも入れたし、盛り沢山な旅となりました。皆様ありがとうございました!お世話になりました。