山行概要

・場所:燕岳
・メンバー:2人
・天候:27日 ⛄ 28日 ☼ 29日 ☼

ヤマレコにもアップしています

アクセス

4/27深夜長野に入ると雨から雪へ。第一駐車場まで問題なく通過。数台車あり。朝になると車は増えていました。

4/29下山すると満車でした。

地図/コース

コース状況

4/27
燕岳登山口から第一ベンチまでツボ足。第一ベンチでアイゼン装着。踏みぬき多数。

深いところでは股下までありそう。
合戦小屋までトレースあり。
樹林帯を抜けると風をもろにうけ、
合戦尾根では少し先を歩いている先行者のトレースも見えなくなるほど。
目印の旗を頼りに進みます。
燕山荘直下から入口まではしっかり案内が出てます。
燕山荘につきましたが真っ白すぎて何も見えず。
テント泊の予定でしたが風が強くて心が折れ小屋へ逃げました。
この日のテントは4張りほど。多くのテント装備の方が次から次へと小屋泊へ。
テント泊の方も寒くて風が凄かったと話されていました。

4/28
快晴。燕岳へピストン。多くの方が朝から歩いているのでトレースバッチリ。
大天井岳まで向かいます。トレースあり。蛙岩は冬道で岩の中を抜けるように歩きます。
大下りの頭を過ぎ、
為右衛門吊岩手前で疲れてしまったのと燕岳まで戻る時間を考えて燕岳へ戻ります。
1日中、山がスッキリ見えました。

4/29
朝から晴れ。遠くは曇り気味。燕岳から登山口まで下ります。
登りでは全く見えなかったルートを確認。
8時の時点で日が当たる所はシャーベット状。今日は登ってくる人が多く、途中渋滞しました。
第一ベンチでアイゼンを外し登山口まで。

写真/感想

雪を纏って美しい

ハロ。疲れてきたところにこの景色。元気出ました!

太陽柱。初めて見ました。

29日のご来光。こんな素敵な景色を見れることに感謝。

登るときには雪と強風で見えなかった冬道の全貌が。トレースもばっちり歩きやすいです

感想

GW初日寒気が入りお天気が危ぶまれましたが、翌日の天気を期待して長野入りしました。
雪の中スタートし合戦小屋からは風もつよくなり辛かったですが、いい経験になりました。
小屋では他の登山者の方と山話ができてとても楽しかったです!翌日は快晴すぎてため息。
一日ずうっと天気がよく山だけでなくハロや太陽柱まで見れて感動しました。
お天井岳まで目指しましたが岩場にアイゼンをひっかけたりなかなか苦労しましたがこれも勉強。
kan-kanさんに励まされどうにか歩き、テントではおいしいご飯を堪能し山メシを教えてもらいました。
kan-kanさんお世話になりました!ありがとうございました!